広告展開の罠

素人女性とエッチしたい方への無料レポート

無料お持ち帰りレポート

広告展開の罠

特に無店舗型の風俗店でよく使われる手段なのですが、実際のお店は一つなのに、看板、つまりホームページや電話番号は5つ、6つ所有し、あたかも複数の店が実際にあるかのように見せかける、ということがよくあります。この場合、どの店に電話をかけようが、派遣される女の子は同じです。

 

 

 

では、女の子の名前はどうでしょうか。お店によって、同じ子でも違う名前を使い分けるでしょうか?

 

 

 

これをごまかす裏ワザがあります。それが、広告もしくはホームページでは、苗字で掲載し、実際にお客さんとご対面をするときに下の名前を教える、というものです。まあこんなまどろっこしいことをせず、名前を変えちゃうパターンもありますがね。

 

 

 

あと、ホームページとか情報誌の写真というのも非常に問題です。多くの場合、そこに本人がいることは少ないです。特に、顔を手で隠しているもの、ぼかしではなく、顔を映していないものは、十中八九他人です…

 

 

 

こんな姑息な手段を使うことで、多くの集客を見込むのですが、もちろんデメリットもあります。それは、広告費がかさむ、ということです。当然、広告を複数出せば、その分の広告費を支払わねばなりませんし、ホームページを複数出すにはそれなりの製作費もかかってきます。

 

 

 

ですから、こうしたダマしも、言ってみればギャンブル的な側面もあるのです。日によっては全然客が入らない、ということもありますし、広告の効果が思ったように上がってこないと死にたくなることもあります。